2019年12月31日

ようこそ、Global Domeins Internationalへ!









ようこそ、Global Domeins Internationalへ!


当ブログはグローバル・ドメインズ・インターナショナル (Global Domeins International.INC 通称GDI社)が提供している、ドメインビジネスの紹介のブログです。
GDI社は、主にドットWS(.ws)ドメインの登録を主なサービスとしています。また、GDI社はドメイン
また、2011年6月からは新たに、国際化ドメイン名(IDN)の取り扱いが始まりました。

さて、GDI社の主なサービスは、ドメイン取得を主に扱っているところだとお話ししました。
主にドットWSすなわちドットWebSiteというドメインの登録を行っています。
私ども、GDI社オフィシャルエヴァンジェリスト(つまり、GDIビジネスのアフィリエイター)はドットWSの普及に務めています。

なぜ、ドットWSでしょうか?


それは、自分の、すなわちあなただけのウェブサイトという事を、強調するのに優れているからです。
ですから、自らのサイトであることを強調したいのであれば、まさしくドットWSが一番ふさわしいドメインと言えます。

また、GDIビジネスは、ドメインのご紹介によって成り立っているので、
とてもクリーンなビジネスと言えます。

それから、GDI社のドメインのビジネスは、あなたのご紹介によって、GDI社に登録された方が出た場合は、あなたにGDI社からの報酬が支払われます。
また、その人がさらに紹介によって登録者を出した場合はその報酬によってもあなたは報酬を受け取る事ができます。
これを5段階すなわち5ティアの報酬制度をGDI社では設けております。
しかも、あなたが登録している限り、これらの報酬を受け取ることができるのです。

当ブログの運営者が加入しています、GDIビジネスのファミリーによります、GDIのサポートSNSを設けております。ですから、サポートの面でも安心してご参加できます。

もし、ご興味を持たれた方は上の赤いフェラーリをクリックするか、
下にありますオンラインビデオをご覧いただければ幸いです。

posted by ファンファリネット at 00:00| Comment(0) | GDIビジネス概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

サイト運営者情報

当ブログ「GDIビジネスでハッピーな人生を」サイト運営者情報

サイト所有者:ファンファリネット@GDIビジネス

紹介している商品:Global Domains International, Inc(GDI)社提供ドメイン、およびレンタルサーバ


連絡先メールアドレス:myj-gdibizアットマークlive.jp
お問い合わせはフォームからもできます。
ここからお問い合わせできます。

posted by ファンファリネット at 23:03| Comment(0) | GDIビジネス概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

PayPalの概要

Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.

この記事では、GDIビジネスで使用しています決済システム ペイパル (PayPal)について説明します。

ペイパルは無料で開設することのできる電子マネーシステムで、電子メール一つでお金のやりとりをすることのできるシステムです。
ペイパルのアカウントの作成は、クレジットカードを登録しなくてもできますが、GDIへの支払いのためにはどうしてもクレジットカードの支払いが必要になってきますのでペイパルのアカウント作成の時にクレジットカードを登録しておきましょう。

なぜ、PayPalのアカウントをおすすめするのかといいますと、ペイパルを介してGDIビジネスの収入を受け取ることができるからです。
支払いも、受け取りもペイパルを経由させれば、GDIからの収入の不足分をクレジットカードの支払いでペイパル経由で補充することができます。

ペイパルから日本の銀行へGDIなどのネットビジネスの報酬を送金してもらうには、インターネットで対応できる銀行の口座が必要です。また、いろいろ調べたところ、ペイパルに銀行を登録するときには銀行コードの入力が必要です。
銀行コードと支店番号がわかれば、日本のほとんどの金融機関に入金することができるとペイパルのお問い合わせのコーナーに書いてありました。
ただし、銀行の名前が変わった場合(例:イーバンク銀行→楽天銀行)はどうなるのかは、はっきりとした答えがわからないのが現状です。


GDIからの報酬は必ずペイパル経由で受け取ることになるのでGDIに登録されるときは必ずペイパルにもご登録をお願いします。

PeyPalについての解説のサイトはグーグルなどでも探せますが、ナナピが提供しているPayPalの使い方特設サイトへも足を運んではいかがでしょうか?

GDIビジネスは
7日間無料でお試しできます!!
今すぐサインアップしませんか??

posted by ファンファリネット at 23:14| Comment(0) | PayPalについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

GDIビジネス登録方法 サインアップページ解説

だいぶ更新が遅くなりましたが、GDIビジネスの登録について考えていたのでだいぶ更新できないでいました。
そこで、GDIのお仲間の皆様のサイトを参考にして登録画面の解説をしたいと思います。

まず、サインアップページに入りますと、下の画面が出ていると思います。

reg1.JPG

ブログの右上にありますサインアップページからご登録していただくことになるのですが、すでにご承知のように、すべて英語で書かれています。
そこで、サインアップページの解説のコーナーでは登録の仕方について、よくわからないと思われることについて解説したいと思います。

まず、はじめにサインアップページのスポンサーIDが
fanfarinetteになっていることを確認してください。

そうでないと、私からの登録の特典を受け取る際に登録特典を受け取れないので、その辺の確認をお願いします。

登録画面でわからないことがあったら、エキサイトのテキスト翻訳のページを新しいタブで開いてください。タブブラウザで複数のタブを同時に開いておいたほうが、まさかの時に安心です。

それでは、登録の解説を始めましょう。
まず最初の所から上から順に英語の部分を解説します。
Create a New Username : あなたのユーザネームです。ドメインにもなりますので慎重に選んでください。
Create a Passwaord : あなたのパスワードです。すぐ下のRe-enter Your Passwordでもう一度入力します。
Salitation : 敬称です。男性はMr 女性は未婚の場合はMiss、すでにご結婚されている方はMrsを選択してください。

Current Email Address : メールアドレスを入力します。あらかじめGDIビジネス専用のメールアドレスを作っておくと便利です。すぐしたのRe-enter Email Addressでもう一度入力します。
Primary Phone Number : メインの電話番号を入力します。電話番号はハイフンを除いて入力してください。(かの有名なDubaiMLMの登録ではそうでした。)Ext.とは内線を意味します。Typeで電話の種類を選びます。自宅はHomeを選択してください。携帯電話はCellを選択してください。
Secondary Phone Number : サブの電話番号を入力します。先ほどのメインの電話番号と同じやり方で入力してください。サブの電話番号は携帯電話を使ったほうがいいかもしれません。
Address : ここからは住所になります。この欄では番地、町名を入力します。
例:1-2-3 seesaa-machi
Address 2 (optional) :マンションなどの建物の名前を入力します。ご自宅などの場合は記入しなくてもかまいません。

City : あなたのお住まいの市町村名を記入します。
例:seesaa-shi

State?Province : 都道府県の名前を入力します。
例: saeesaa-ken

Zip/Postal Code : 郵便番号を入力します。
例:123-4567

Country : あなたの国名です。日本の方はJapanを選択してください。


次の二つの項目はセキュリティーの設定です。これはやむをえず退会する際に必ず必要なものですので、メモ帳に控えておいて、誰も目に付かないところへしまっておくことをお勧めします。
Securuty Question は二つあります。それぞれ違う内容を選択してください。
なお、選択する質問は次のとおりです。


「Favorite Color? 」→好きな色は?
「Favorite Number?」→好きな数字は?
「Favorite Sport?」→好きなスポーツは?
「Favorite Sports Team?」→好きなスポーツチームは?
「Favorite Type of Pet?」→好きなペットの種類は?
「Pet's Name?」→ペットの名前は?
「Last 4 Digits of SSN?」→SSNの最後の4文字は?
「Mother's Maiden Name?」→お母さんの旧姓は?
「City Where Born?」→生まれた町は?
「Year When Born?」→生まれた年は?


ここまでくると、最後の質問です。

Why are you registering with us today?
「なぜ、今日、われわれの会社に登録しているのですか?」
直訳なのですが、「ご登録の目的をお聞かせ下さい。」という意味になりますでしょうか。

それで、右側のラジオボタンから選択するわけなのですが、注意していただきたいことがあります。

Products and services only (domain, email, WebSite). 「製品とサービス(領域、電子メール、ウェブサイト)だけ」を選択しないようにお願いします。選択すると
アップラインからの連絡を受けられなくなります!
それだけはご注意いただきたいと思います。


Definitely the income opportunity,with littele internet in products and services.
(もちろん、製品とサービスへのわずかな関心を伴う収入のチャンス。)

もしくは、

Mostly products and services,but might be interested in the income oppartunity.
(大部分は、製品とサービス。しかし、収入のチャンスに興味があるかもしれません。)


以上、二つのどちらかにラジオボタンのチェックを入れてください。
必要な情報をすべて記入した後で、最後に一番下のほうにある
CONTINUEボタンを押してください。
次の画面で、先ほどのユーザ名をドメインとして使うか、下の画面の候補ドメインを選ぶかのどちらかを選択します。
あなたが希望するドメインを選びたい場合は、
Check domain avaiablility www.・・・・(あなたの希望するアドレス、自由に選べます).ws(選択可、せっかくですから.wsにしましょう)

もちろん、ドメインは.wsにしましょう。.wsはGDIの売りでもありますので、そちらにしましょう。
下の欄には、候補のドメインが載っていますがどちらを選ぶかは、あなたの自由です。
また、CONTINUEのボタンを押します。
すると、支払い確認画面が見えます。
次は、支払い方法選択に移りますが、PayPalを選択した場合は、右のボタンをクリックします。
PayPalを登録している場合は、画面の指示に従いまして登録してください。
PayPalにログインする画面が現れます。ログインすると、登録完了となります。

クレジットカードを選択した場合は、左のボタンを押してください。
そして、必要な内容を記入してください。

Address ⇒住所
City ⇒都市
State/Province ⇒{JP}※この通りに記入してください。
Zip/Postal Code ⇒郵便番号
Country ⇒{Japan}※この通りに記入してください。
Credit Card Number ⇒クレジットカード番号
Expiration Date ⇒有効期限
左より、月の数、年の数を記入してください。
Cardholder Name ⇒カードの名義人の名前
Security Number ⇒セキュリティー番号(クレジットカードの裏にある番号の最後の3ケタの数字)
そして、CONTINUEを押すと、

登録完了です!!

お疲れさまでした!!


後は、WS Affiliatesからの英語のメールが送られてきます。

私の体験では、アップラインからのメッセージがありました。
宣伝用のホームページなどのご案内があるかと思います。

もし、私のところからご登録いただきますと、私からの登録特典をプレゼントいたしますので、どうかお受け取りください。

7日間無料でお試しできます!!
今すぐサインアップしませんか??

posted by ファンファリネット at 22:25| Comment(0) | GDIビジネスの登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

GDIビジネスに参加するための最低必須項目

GDIビジネスに参加するにあたって最低限必要なことがあります。
今回は、すでにネットビジネスを始めている方だけではなくて、GDIビジネスからネットビジネスを始めてしようとしている皆様に、いくつか確認をお願いしたいと思います。

1.メールアドレス

GDIビジネスでの連絡用のメールアドレスです。
私の推奨の設定は、そのほかの個人の私用のメールアドレスとは全く別のメールアドレスの取得をお勧めします。

ビジネスのためのメールアドレスとなりますとやはりWindows Live Hotmailでしょうか。
ビジネスと、個人のアドレスを使い分けることができますし、やはりメールアカウントのリンクができるのが特徴です。
たとえば、私用のメールとビジネスで使用するメールが同じHotmailのアカウントであるならば、アカウントのリンクを設定することによって、あなたの複数のHotmailのアカウントを切り替え出来ます。

ただし、Hotmailにも欠点があります。
30日間ウェブでログインしないとアカウントが凍結される可能性があります。


そのほか、いろいろなメールサービスについて考えてみましょう。

グーグルGメール
現在、最も使われているメールと思います。
自分も使用していますが、主ににポイントサイトなどで使用しています。
日々、使用できるメールの容量が増えていくのが特徴でどんなにメールが溜まっても安心ですが、次の欠点があります。
欠点1)スパムフィルターが相当強力で、必要なメールまで迷惑メールフォルダーにいってしまう。
メッセージフィルター
欠点2)メールの表示に合わせて右側に広告が出るのが煩わしい。(ブラウザの動作が遅くなる原因にもなる)
この欠点はメーラーでGmailを取り込むことで解決できます。
IMAPを利用することによってメーラーで読んだメールがウェブメールであるGmailですでに読んだと判断されるようになります。

gooメール
gooメールはNTTの系列会社が運営しているフリーメールですが、メーラーに対応していません。
でも、ウィルス対策にカスペルスキー使用しているので安心できるメールサービスです。

ヤフーメール

ヤフーメールは、簡単に取得できるメールアドレスですがGDIビジネスで使用する場合は全くお勧めできません。

何といっても、スパムメールが多すぎます。
中には、ヤフーのアドレスを偽装して送信するスパムメール送信者がいるほどなのです。

ですから、ヤフーのメールの使用は避けたほうがいいです。

ざっとメールアドレスについて解説しましたが、いろいろとフリーのメールアドレスについて勉強してもいいかもしれません。

2.インターネット銀行

GDIビジネスでは報酬の受け取りのために絶対にインターネット銀行の口座が必要です。
後で詳しくお話ししますがペイパルの口座でお金をやり取りするために必ず必要です。

何といってもイーバンク銀行がお勧めです。


イーバンク銀行でしたらゆうちょ銀行のATMから引き落としができますし、イーバンク銀行のキャッシュカードはデビットカードの機能を兼ね備えていますので、後述しますペイパルの口座の開設の際に便利です。

3.ペイパル(Pay Pal)

paypal_logo.gif


アメリカGDI社からの報酬の受け取りは小切手と銀行振り込みとペイパルの3つがありますが、ペイパルのほうが安全で簡単な受け取りができます。
ペイパルの口座の開設にはクレジットカードあるいはデビットカードの登録が必要です。
従いまして、先ほどの項目でお話ししたイーバンク銀行のキャッシュカードで登録を行いますと、口座の引き落としの確認が行われてそのカードが認証されたらペイパルの口座が使えるようになります。

手順としては次の通りです。
1)ペイパルに登録しておきます。この時銀行口座も一緒に登録しておきます。
2)ペイパルにクレジットカード・デビットカードを登録しておきます。
3)ペイパル口座にクレジットカード・デビットカードから小額の金額が銀行口座から振り込まれます。
デビットカードのほうが認証が速かったと思います。
クレジットカードですと、決済の関係で約1〜2カ月かかります。
4)晴れてペイパルの口座が認証されました!GDIの報酬の受け取りの準備は万全です。

後はGDIビジネスへ登録するだけです。



サインアップのページはこちらになります。

登録するために下の赤いボタンから登録画面に進んでください。

↓ ↓  ↓ ↓ ↓ 



signup_button_jp

posted by ファンファリネット at 23:28| Comment(0) | GDIビジネスの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

GDIに関するよくある質問(その1)

GDIビジネスに参加する際によくある質問がありますので、何回かに分けて質問と回答をご案内します。

質問1 GDIビジネスは詐欺ではないのですか?

回答:いいえ、GDIビジネスは詐欺ではありません。
GDIビジネスを運営するグローバルドメインズインターナショナル社(Global Domains International,以下、GDI社と表記)はアメリカ商務省の正式な認可を得たドメイン登録所です。
現在、多くの大手企業がGDI社の顧客となっています。
グーグルもその一つです。ちょっとのぞいてみてください。
↓ ↓ ↓
http://www.google.ws/

質問2 GDIビジネスへの参加費用はいくらですか?

回答:毎月10ドルです。ただし、為替レートによって日本円への換算が大きく変わるので、だいたい多めに見積もったほうがいいでしょう。
1500円まで見積もったほうがいいでしょう。

質問3 支払い方法はどのような方法がありますか?

次の二つの方法があります。
1.クレジットカードの支払い
Visa, MasterCard, American Express,Discaver,Diners Club,

2.ペイパル(PayPal)
報酬の受け取りでも触れますが、ペイパルの口座を作っておくと便利です。
下のURLから詳細な情報をご覧ください。
↓ ↓ ↓ 
https://www.paypal.com/j1

質問4 GDIビジネスはすぐにもうかるビジネスですか?

回答:いいえ、何事にもそうですが、すぐに収入が入るものではありません。
ただし、次のメリットを考えますと

毎月10ドルの支払いをする価値は絶対にあります。

1.メールアカウントを10まで持つことができる。
2.ホームページスペースを最大100MBまで持つことができます。

しかもGDI社はホームページ作成ツールを完備しています!


質問5 登録後のサポートは?
回答:もちろんサポート体制を完備しています。GDIビジネス専用のSNSが用意されています。
「GDI倶楽部」と言います。


まずはGDIビジネスのオンラインビデオを最後までご覧いただいてから、ご判断いただけたら非常に幸いです。
↓ ↓ ↓ 
オンラインビデオのウェブサイトはここからどうぞ。


登録ページはこちらです。(7日間無料でお試しできます!)
posted by ファンファリネット at 23:14| Comment(0) | GDIビジネス概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

GDIビジネスはなにを扱うの?

GDIビジネスについていろいろ聞かれることは、

GDIビジネスはどんなものを扱うの?


という質問です。

それでは、GDIビジネスはなにを取り扱っているかをご紹介しましょう。

それは・・・。

なんと、ドメインなのです!!


ドメインとは何でしょうか?
ドメインは、ホームページのアドレスのことです。
GDIビジネスを展開しているグローバル・ドメインズ・インターナショナル社(以下、GDI社と表記)はドット・WS(WebSite)のドメインを取り扱っています。

ですから、GDIビジネスに参加いたしますと「お好きな名前・WS」のドメインが使用できるのです。
そして、いつでもホームページスペースが使用でき、そのドメインによるホームページを開設することができます。
そして、もっとも魅力的なものがあります。
これでしたら、魅力があるでしょう。

最大で10のメールアドレスを取得できるのです!!

とても魅力的ですね・・・。


なぜ、10もメールアドレスを使用できるのが魅力的なのかと申しますと
皆さんもご承知のことがあるからです。

最近はネット世界におきましても大変物騒な世の中になりました。
スパムメールは、ネット世界の上で最も大きな問題となっております。
スパムメールのせいで、ビジネスの効率が大幅に減少しているという報告があるほどなのです。

そこでフリーメールアドレスを提供しているサイト(ヤフー・グーグル・ホットメールそのほか)ではスパムメール対策を施していますが・・・。
メールアドレスの偽装、つまりあたかもフリーメールアドレスのサーバーから配信されたようなスパムメールが送られてきては、さすがのフリーメールアドレスもおしまいです。

ですから、GDIビジネスで取得したドメイン名を使ってメールアドレスを作ることができます。

つまり、このようなことになります。

例といたしまして、○○○というドメイン名を取得したとします。
取得するドメイン名は○○○.wsとなります。
そして、使用できるホームページアドレスは、http://○○○.wsとなります。
使用できる容量は100MBです。その範囲であればウェブサイトの内容についての制限はありません。
また、PHPが使用できます。

そして、メールアドレスは、「お好きな名前(自由に使えます)」@○○○.wsとなります。
お好きな名前が10も使えることはどういうことでしょうか。

たとえば、家族に一つのオリジナルメールアドレスを持たせることができるのです。
例として家族のために一つのドメインでこのようなことができます。

お父さんのために papa@○○○.ws
お母さんのために mama@○○○.ws
お兄さんのために oniisann@○○○.ws
お姉さんのために oneesann@○○○.ws

ということができます。

また、10のメールアドレスを使うことによってもう一つの例として次のようなことができます。

通常のコミュニケーションの手段として mail@○○○.ws
オークションのためのメールとして auctions@○○○.ws
お買い物のためのアカウントとして shopping@○○○.ws
いわゆる「捨てアド」として suteado@○○○.ws

使い方はどなたでも自由なのです!

GDIビジネスに登録するだけでこれらのものが使えるのは、まさしくビジネスを始めようとする方でなくても魅力的なものといえます。

まずは、オンラインビデオをご覧になって詳しい情報をお確かめください。

オンラインビデオへのアクセスはこちらです。

7日間無料でお試しできますので、オンラインビデオをご覧になった後でサインアップをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

今すぐ、サインアップをどうぞ!(7日間無料でお試しできます!)


posted by ファンファリネット at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | GDIビジネス概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

イントロダクション・・・最初に行ってほしいこと

皆様、こんにちは。
私はファンファリネットと言います。
GDIビジネスについての魅力と素晴らしさをシーサーからご紹介いたします。
・・・最初に私がGDIビジネスと出会ったいきさつをご紹介しましょう。
実はアフィリエイトを使用したブログを書き始めるようになって、アクセスアップのサイトを見るようになってGDIビジネスについてのおなじみの動画を見ることになりました。

それで、グーグルおよびヤフーでGDIビジネスについて調べたりしたのですが、約半年ほど調べた結果、魅力のあるネットビジネスだと思いました。
それで、登録したのです。

GDIビジネスについて、いろいろな宣伝サイトをご覧になったかと思いますが、ネットビジネスの世界ではアップラインの選択が成功するか否かを決める重要な決め手となります。

私は、いろいろ調べた結果TOKYO GDIの「Ken」さんをアップラインに選びました。
もちろん、サイトが充実していることも決め手になりましたし、登録特典も選択の決め手になりました。

まず、GDIビジネスを始めるにあたって必要最低限行ってほしいことは

アップラインの見極めです。

アップラインの見極めですが、サイトのページが充実していることと手厚い登録特典があるところをアップラインに選んだほうがいいと思います。

さて、いくつかのGDIビジネスのサイトの中にはブログの形式のものがあるところが多いと思いますが、ブログの場合も同じ条件でアップラインを選んだほうがいいと思います。

いくつか、GDIビジネスでよく知られているところをご紹介しましょう。

先ほどご紹介したTOKYO GDIのほかに、TOKYO GDIの「Ken」さんのアップでもある
「りゅう」さんのブログGDIビジネス案内所もご覧いただけたらありがたいです。

ほかにもいろいろな方がGDIビジネスに参入されています。
まずは、オンラインビデオをご覧になってからGDIビジネスに参加するかどうかをご判断ください。

posted by ファンファリネット at 16:26| Comment(2) | GDIビジネスの準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。